整体師 白壁正幸(しらかべまさゆき)

1979年生まれ
福岡県大野城市出身

 

 

 

<座右の銘>

  • 至誠天に通ず・・・動機が正しく(判断の基準が利他的な動機に基づくものであり)、それ相応の努力を続けていれば、必ず道は開けてくる、もしくは、必ず満足の行く結果が得られると信じています。
  • 一日一生・・・過去は変えることはできませんし、未来は今現在の自分の行動一つで、良いものにも悪いものにも変えることができます。そのため、今日一日が最後の日だと思って、今この時に、自分にできること、自分のやるべきことに最善を尽くす事が大切だと思っています。
  • 知識は力なり・・・いくら善人でも、無知から過ちを犯したり、未熟な判断を下したりするものだと思いますから、より高い水準での判断を下すためにも、常日頃から知識の集積を怠らないようにすることも大切だと思っています。
  • 想像は知識よりも重要である・・・知識は有限ですが、直観、インスピレーションには限界はありません。知識に基づく理性的な判断だけでなく、直観に素直に従うことも重要であると考えています。

 

 

治療家を志すことになったきっかけ

大学受験の際に、ストレスから神経症を発症しましたが、西洋医学では全く回復が見込めず、お医者さんも完全にお手上げの状態でした。

入院中に出会った患者さんから気功で回復したという話を聞き、退院後有名な気功師のもとへと治療に行くと、1年間西洋医学の薬物療法では全く回復が実感できなかっためまいが、日を追うごとに少しずつですが、軽減していくのが実感できました。

しかし、1ヶ月半で気功での回復も頭打ちとなりました。

それからは、西洋医学には頼っていられないと思い、様々な治療法を探し始めました。

その数は20か所以上になります。

例を挙げると、カイロプラクティック、鍼灸、気功、催眠療法、電気療法、陰陽療法、音叉療法などです。

そして、最終的にたどり着いたのが整体でした。

整体を受けだしてから、気功以来再び回復が実感できました。

それからの回復の速さは薬物療法の数十倍でした。

この数字は驚異的に思われるかもしれませんが、薬物療法自体は対症療法であり、実際に病気を治すものではないため、自然治癒力を高めることでこれくらい回復速度が速まることはそれほど不思議な事ではないと言えるのかもしれません。

自分が整体に出会わなければ一生病気が回復することはなかっただろうと思います。

世の中には、よりよい治療法があるにもかかわらず、それを知らずに無用な苦しみを味わわれていらっしゃる方が大勢いらっしゃるわけです。

こういった経験から、よりよい治療法を知らずに苦しまれていらっしゃる方の苦痛を取り除くお手伝いができたらと思い、治療家を志すことにしました。

※ 西洋医学を全否定するつもりはありませんし、西洋医学も病気の治療にはなくてはならないものだと思いますが、ここに記載したことは紛れもない事実です。西洋医学は、慢性疾患や未病というものに対してはなかなか満足のいく結果が出ていないことは周知の事実だと思います。どちらが優れているかの議論をしても仕方のないことだと思います。お医者さんに頼り切るのではなく、患者さんの状態に合わせて上手に使い分けることが大切ではないかと思います。

※ 自分がお伝えしたいと思っていること、お伝えすべきだと思っていることは客観的事実です。整体が万能だというつもりは毛頭ありませんし、どんな治療法でも同様ですが、100%の確率で回復させられる療法などというものはこの世の中には存在しません。しかし、事実、現実をご理解いただけたら、整体の重要性を認識していただける方が大勢いらっしゃると思っています。