不眠症がなかなか治らない方へ

座ったままテーブルで眠る女性

不眠症の原因と一般的な治療法

不眠症の原因としては、痛みなどの身体的な原因、騒音などの環境の問題、夜勤などの生活習慣の乱れ、ストレスなどの精神的な原因、うつ病や双極性障害などの精神的な病気などがあげられるかと思います。

騒音などであれば、環境を変えるなどそれ相応の対処をすれば解消できるかと思いますが、厄介なのは精神的な病気が原因となっている場合ではないかと思います。

この場合は、西洋医学では抗うつ剤、向精神薬などの薬物療法が主体となりますが、これは症状を一時的に抑えるための対症療法となります。

不眠症を治すには薬を飲んでいるだけでいいのか?

薬
精神的な病気を抱えていらっしゃる方で、長年不眠症を抱えていらっしゃる方も多いかと思いますが、主に病院で行われていることは対症療法であるということを念頭に置いておく必要があるかと思います。

病気=病院で治すものという先入観があるかと思いますが、まずこの事実をしっかりと認識しておくべきです。

風邪を引いたら、体を温かくして十分な休養を取ることで、一日、二日で治ってしまう人もいれば、風邪薬はしっかり飲んだとしても、普段通りの生活をして、数週間と長引かせる方もいらっしゃいますが、この例からもわかるように、結局病気を治すのは薬ではなく自然治癒力です。

どのような病気でも同様のことが言えますが、早期発見、早期治療が原則であり、治療の開始が遅れれば遅れるほど回復までの期間は一般的に長くなってしまいます。

そのため、体の不調に気づいた場合、なるべく早く対応する必要がありますが、薬を飲むことだけで、本当に適切な対処になっているのでしょうか。

もしそうであるなら、なぜ数年、数十年と不眠症が回復しない人がいるのでしょう。

着目すべき原因は?


それでは、不眠症に対する自然治癒力を高めるにはどうすればよいでしょうか?

それに対する回答を得るために、まず、生理学的な原因を考えてみます。

眠気に関するホルモンには、メラトニンという物質があります。

メラトニンが増えれば、眠気が強まり、身体は睡眠の態勢に入ります。

そのため、眠気をもよおすためには、夜、就寝時にメラトニンが増える必要があるということになります。

そして、メラトニンは、セロトニンというホルモンから作られますので、セロトニンの分泌を増やす事ができるようになれば、メラトニンも増やす事ができるようになり、就寝時にしっかりと睡眠がとれるようになると考えられるわけです。

不眠症に対する自然治癒力を高めるために必要なこと

ベッドで伸びをする女性

不眠症の原因を生理学的な部分に求めてみると、結局はセロトニンという脳内神経伝達物質の減少が一つの要因になっていると考えられるのではないかと思います。

セロトニンは人間の精神、感情に深い関りがあり、様々な精神疾患にも関わってると考えられていることから、その重要性が認識できるかと思います。

もし、現在の治療法に疑問を持たれてある方、長年不眠症が改善されていない方、対症療法ではなく根本的に不眠症を改善したいとお考えの方は、一度セロトニンを増加させるための、自然治癒力を高める方法を検討されてみてはいかがでしょうか?

それでは、詳細を以下に掲載しますので、参考にされてください。