胃の不快感が治らない方へ

お腹に手を当てる女性

時々、お腹が痛くなることや吐き気がすることがあるが、病院で検査をしても異常なしと言われる。

ストレスや疲労が蓄積しているとき、精神的な病気を煩っている時に、こういった症状が出たときは、機能性胃腸症という病気にかかっているかもしれません。

これは、以下の症状のうち、当てはまるものが一つ以上あるにも関わらず、内視鏡検査などをしても特に異常が見当たらず、3か月間症状が続いている場合に付けられる病名のようです。

  • 食後に胃もたれがする。
  • 食事をはじめてすぐに満腹になる。
  • みぞおち辺りに痛みがある。
  • みぞおち辺りに焼ける感じがある。

そして、この病気に対する治療法も、やはり薬物療法による対症療法が中心となり、病院ではなかなか改善できないのが現状のようです。

それでは、この病気に対してはどのような対策を取ればいいのかを考えてみたいと思いますが、そのためにまずは、機能性胃腸症の症状が生じる原因について考えてみたいと思います。

機能性胃腸症の原因

胃の中を映す胃カメラ
医学的にはまだはっきりと原因は分かっていないようですが、胃の運動機能障害、胃酸の出過ぎ、知覚過敏、ストレス、ピロリ菌などが原因として考えられています。

それぞれの原因について解説します。

胃の運動機能障害

胃は口から下りてきた食べ物を消化するという働きがありますが、食べ物が食道から下りてきた際に、胃の上部を広げて食べ物を胃の中に入れ、胃の中で胃酸と混ぜ合わせ、胃から十二指腸へ出すという一連の動きをしています。

その運動の中に不具合が出ると、胃もたれ、早期の満腹感、胃の痛みなどが生じることになります。

ここで、この動きはどうやってコントロールされているかというと、脳からの情報を、自律神経が胃に伝えることでコントロールされています。

つまり、自律神経のバランスが乱れることにより、胃の運動に障害が出ると考えられるのではないでしょうか?

胃酸の出過ぎ

胃は食べ物を消化するために胃酸の分泌もしますが、胃酸が増えすぎると胃粘膜を傷つけてしまい胃痛の原因になります。

では、胃酸の分泌はどうやってコントロールされるかということになりますが、これも脳からの情報が自律神経を通して胃に伝わることでコントロールされているということになりますから、結局、自律神経のバランスの乱れが原因ということができると思います。

知覚過敏

胃の動きが悪くなれば、胃の中に食べ物が長くとどまることになるため胃壁が伸ばされます。

そのことによって、胃が知覚過敏の状態になります。

結局これも胃の運動に原因があると考えられますから、自律神経のバランスの乱れがおおもとの原因と言えるのではないかと思います。

ストレス

ストレスも有力な原因の一つと言われていますが、これが最も根本的な原因と言えるのかもしれません。

ストレスによって、自律神経が乱れれば、これまでに紹介したさまざまな不調が出てきます。

直接的な原因は自律神経の乱れであり、さらにその原因はストレスにあると言えるのではないかと思います。

ピロリ菌

ピロリ菌に関しては、はっきりとした因果関係は分かっていないようですが、ピロリ菌を除菌することで改善することもあるようですので、選択肢の一つとして考えられてもいいのではないかと思います。

ただ一つ言えることは、ピロリ菌はお腹に不調が出る前からずっといたわけですが、その時には痛みは出なかったわけです。

つまり、ストレスから自律神経が乱れるなどして免疫力が低下したために、お腹に不調が出てきたのが本質的な原因であり、それを改善することが根本的な治療法だと考えられるのではないかと思います。

免疫力が低下しなければ、ピロリ菌がいようがいまいが、お腹に不調は出ることはなかったわけです。

免疫力を高めることが重要なのであり、ピロリ菌を除菌することが根本的な解決になるということではないと思います。

その証拠に、ピロリ菌を除菌しても治らない人が大勢いらっしゃるわけです。

機能性胃腸症に対する自然治癒力を高めるには

これまでの話から、本質的な原因が見えてきたのではないかと思います。

原因は色々と考えられていますが、どれも行きつく先は、ストレスなどによって免疫力が低下したこと、つまり、自律神経のバランスが崩れたことが根本的な原因であるということになるのではないかと思います。

そのため、機能性胃腸症に対する自然治癒力を高めるには、自律神経のバランスを整えるような対処の仕方をすれば良いということが言えるのではないかと思います。

それでは、自律神経のバランスを整えるにはどうすればいいか?

以下に詳細をご紹介します。