過敏性腸症候群を根本的に改善するには

お腹を押させる女性

下痢や便秘、腹痛がなかなか改善しないが、病院に行っても異常なしと言われる場合、過敏性腸症候群という病気にかかっているかもしれません。

これは、炎症や潰瘍などの異常がないにもかかわらず、腸の働きに異常が起こり、下痢、便秘、腹痛などの便通の異常によって、日常生活に支障が出る病気のことを言います。

この病気に関しても、現在の医学ではなかなか満足のいく成果をあげられておらず、整体によって効果が期待できますので、ここで解説したいと思います。

症状

便が溜まっている大腸

症状としては、便通の異常がメインになりますが、以下のように便の形状によって4つのタイプに分類できます。

  • 下痢型
  • 便秘型
  • 混合型
  • その他

また、腹痛や腹部の不快感などもありますが、排便で腹痛が和らぐという特徴があります。

腸の症状以外にも、頭痛、めまい、動悸などの自律神経失調症の症状や、睡眠障害や不安感などの精神症状が見られることもあります。

原因

 

クエスチョンマークの形の雲過敏性腸症候群が発症する原因は現時点でははっきりしたことは分かっていませんが、自律神経の異常が大きな要因になっているのではないかと考えられています。

そこで、自律神経の働きから、症状が起こるメカニズムを考えてみたいと思います。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、腸のぜん動運動との関係は以下のようになっています。

自律神経 交感神経が優位 副交感神経が優位
腸のぜん動運動 抑制 亢進

下痢・便秘の原因

まず、副交感神経が過度に興奮して、腸のぜん動運動が異常に高まった場合を考えてみます。

大腸では小腸から送られてきた内容物の水分を吸収する役割がありますから、ぜん動運動が活発になりすぎて、内容物が早く移動してしまった場合は、十分に内容物の水分が吸収されずに便となって出ていくために、下痢となります。

また逆に、副交感神経の過度の興奮によって、大腸が緊張しすぎてしまい、内容物の通り道が細くなることで便秘にもなります。

交感神経が過度に興奮している場合は、大腸のぜん動運動が弱まり、水分が吸収され過ぎて、内容物の移動が遅くなって便秘になります。

このように、自律神経の乱れから下痢や便秘になることが分かると思います。

腹痛の原因

また、大腸運動の異常から、大腸の刺激も強くなり、腹痛の原因になります。

さらに、過敏性腸症候群の患者さんは大腸運動の異常だけでなく、内臓知覚過敏の状態にもなっていると言われています。

そのため、健常者が何も感じないような腸の刺激でも痛みを感じてしまい、これも腹痛の要因になっていると考えられます。

過敏性腸症候群を改善するために必要な知識

気持ちよさそうに伸びをする女性

大腸運動の異常から、下痢、便秘、腹痛が起こり、大腸運動の異常は自律神経の乱れから起こることが分かりました。

では、自律神経の乱れを整えるにはどうすればいいのでしょうか?

実は脳内神経伝達物質であるセロトニンに自律神経を調整する機能があります。

また、腹痛の原因として、内臓知覚過敏をあげましたが、セロトニンは痛みを和らげる効果もあります。

つまり、セロトニン一つで、大腸運動の異常、内臓知覚過敏の両方に効果が期待できると考えられると思います。

この病気に関しても、現在の医学は対症療法に終始して、根本的な改善方法を見い出せていないようです。

もしこの記事を読まれて、試してみる価値ありと思われたら、セロトニンを増やし、自律神経を整え、根本的に改善する方法を実践されてみてはいかがかと思います。

それでは、自律神経の乱れを改善するために必要な情報をお伝えします。