「何年(何十年)も前から頭痛がする。」

「ずっと薬を飲み続けているが、いっこうに治る気配がない。」

「自分は頭痛持ちだ。」

頭痛は日本人の三人に一人の割合の人が持たれているありふれた症状です。

頭痛に悩まされている人は多いと思いますが、あまりにも長期間改善していないため、「頭痛持ち」などという言葉があるように、もともと頭痛になることが運命であるかのような言い方をされる方もいらっしゃるようですが、頭痛は本当に治らないものでしょうか?

どのような症状でもそうですが、体に不調が出たら、まず病院に行き、薬を処方してもらうのが一般的な対処の仕方だと思いますが、薬は対症療法であり、根本的に症状を治すものではありません。

また、薬には副作用がありますので、基本的には飲まないに越したことはないと思います。

頭痛にも様々な種類がありますが、中には命にかかわるような重大な疾患から出ている場合もありますし、頭痛になるということは体に少なからず不具合が出ており、自然治癒力が低下しているということができますので、放置しておかず改善できるものは改善した方がよいと思います。

治るものなら治したいと思われている方も大勢いらっしゃると思いますので、どのようにすれば根本的な改善につながるかを考えてみたいと思います。

頭痛の種類

頭痛には様々な種類があり、それによってアプローチの仕方も変わってきますので、まずはどのような種類があるのかを見ていきたいと思います。

まず、頭痛は大きく、原因の分からない一次性頭痛と、他の疾患が原因で起こる二次性頭痛の二つに分けられます。

他の病気から起こる頭痛


危険を伴う頭痛は二次性頭痛に含まれますが、以下のような症状があれば、すぐに医療機関に連絡することが重要です。

  • これまでに経験したことがないような強烈な痛み
  • 突然起こる痛み
  • 徐々に強くなる痛み
  • 手足がしびれる、麻痺する
  • 舌がもつれる
  • 発熱をともなう

その他、とにかくこれまでに経験したことのないような痛みであれば、西洋医学の領域になります。

ちなみに命にかかわるような頭痛には以下のようなものがあります。

  • クモ膜下出血
  • 脳出血
  • 脳腫瘍
  • 髄膜炎
  • 脳炎
  • 慢性硬膜下血腫

これらの症状に関しては西洋医学の範疇に入りますので、ここでは名前をあげるに留めておこうと思います。

ただ、どのような病気でもそうですが、そもそも病気になった場合には、それ以前の生活習慣などの問題から自然治癒力が落ちていたということができますから、病院に頼らなくてもいいような体づくりを常日頃から意識しておく必要があるかと思います。

原因不明の頭痛


はっきりとした原因が分からない頭痛は一次性頭痛と呼ばれますが、当然のことながら、原因がなければ頭痛などの不調は出ないわけですから原因は必ずあります。

単に科学的によくわかっていないというだけの話です。

こちらは、慢性的な頭痛になりますが、大きく分けると、片頭痛、緊張型頭痛、群発頭痛に分けられます。

この中で最も多いのが、緊張型頭痛で、慢性頭痛全体の約7割となり、片頭痛が約3割、残りの約1パーセントが群発頭痛やその他の頭痛となります。

ここでは、慢性頭痛の大部分を占める、片頭痛と緊張型頭痛の特徴を比較したいと思います。

片頭痛 緊張型頭痛
症状 ズキンズキンと脈打つような強い痛み ギューッと締め付けられるような鈍い痛み
痛みの出る箇所 頭の片側が痛むことが多い 後頭部を中心に頭全体が痛む
持続する時間 4時間から72時間 30分から7日間
痛みの度合い 中等度から重度 軽度から中等度
動いた時の痛みの変化 悪化する 悪化しない
吐き気、嘔吐 ある ない
光過敏、音過敏 ある あってもどちらか一方のみ

上記のような基準をもとにお医者さんが診断をくだし、処方箋を決定されます。

それでは、西洋医学的な検査をしても、どこにも異常が見当たらず、緊張型頭痛と診断された場合、その原因と対策について考えたいと思います。

緊張型頭痛の原因と様々な対処法


緊張型頭痛は、その名の通り、筋肉の緊張から来る頭痛とされています。

具体的には、頭、首、肩、背中辺りの筋肉の緊張から血流が悪くなり、乳酸などの老廃物が溜まり、それらが周囲の神経を刺激して痛みとなるとされています。

これを改善するためには、単純なことなのですが、筋肉の緊張を取り、血流を良くして乳酸などの老廃物を筋肉から排出すれば良いと言う事になります。

しかし、そのための手段として、筋肉をもみほぐすといったやり方のマッサージなどがあると思いますが、人体は痛みを感じると非常事態にあると認識しますから、交感神経が興奮し血管を収縮させ、さらに血流が悪くなります。

また、運動神経も興奮しますから、筋肉を硬くし、それが血管を圧迫して同様にして血流が悪くなります。

これは痛みを感じると、力が入ってしまうことから納得できると思います。

実際にマッサージなどで強い力でもんだりしてきた人は、かなり筋肉が硬直し、治りにくくされている方がいらっしゃいます。

マッサージはその時は気持ちがいいが、すぐに元に戻るとか、マッサージに長年通っていても、痛みが治るどころか、いつまでも「鉄板のように硬くなっていますね。」などと言われ続けている人も多いのではないでしょうか?

他には、電気治療などがあるかと思いますが、あまり改善されないという方が多いのではないでしょうか?

こちらは科学的にどうこうということは言えませんが、臨床的に手によって筋肉をほぐすやり方の方が改善が早いですし、深層筋までほぐれ、再発しずらい状態にまでもっていくことが可能であると感じます。

人間の手には、電気などで再現できないような、東洋医学でいう「気」というものが存在し、それが改善を促進しているのかもしれません。

これに関しては症例などを参考にしていただけたらと思います。

今後、「気」についても科学的な研究を進め、医療のあり方を少しずつでも変えていっていただけたらと思います。

薬物療法にしても同様です。

対症療法にすぎず症状を根本的に改善することはできません。

緊張型頭痛を根本的に改善するには


緊張型頭痛の直接的な原因は、頭、首、肩、背中の筋肉の緊張によると思いますし、それらの筋肉の緊張を取ることが症状の改善には必要だと思います。

ただ、体の筋肉は体全体がつながっていますので、例えば、足の筋肉の緊張することで、腰の筋肉を引っ張り、腰が曲がって、首のこりにつながるといったこともあります。

そのため、結局のところ、体全体の筋肉を緩める必要があります。

また、筋肉は筋膜という膜におおわれており、これも同様にして、足や腰などの筋膜の癒着が、頭、首、肩、背中のこりにつながってきますので、こちらもほぐす必要があります。

さらに、骨格がゆがんでいれば、頭の重心も前側になり、それを支えるために、首などの筋肉に負担がかかることになり、首などの筋肉を緩めて症状が改善したとしても、また再発する可能性もあります。

そのため、体全体の筋肉、筋膜を緩め、骨格を整えることが根本的な改善となると思います。

そして、頭痛を改善するための一番の近道は技術力の高い整体師に見てもらう事になると思います。

しかし、整体というものには、様々なものがあり、その技術力には天と地ほどの差があります。

実際にどのくらいの回数で治ったかといった具体性のある実績で判断されればよいかと思います。