骨格矯正の実際のところ

人体模型

整体院や整骨院などでよく耳にする言葉に、「痛みを取るためには、背骨や骨盤などを矯正して、体の歪みを整えなければならない。」というものがあると思います。

話を聞いてみると、なるほどと思われるかもしれませんが、果たして本当にその理屈は正しいのでしょうか?

猫背でも腰痛がないおばあさん

シルバーカーを押すお年寄り

例えば、若い頃から農作業をしてきたおばあさんで、腰がかなり曲がってしまっている人がいないでしょうか?

しかし、この人達の中には、特に腰に痛みを感じることもなく過ごしている方も多くいらっしゃいます。

単に、猫背など、骨格の歪みが痛みの原因なら、なぜこの人達には、腰痛がないのだろうかと疑問に思わないでしょうか?

つまり、このことからはっきり分かることは、「痛みの原因は必ずしも骨格の歪みにあるわけではない」ということです。

治療院を訪れて、「原因は骨盤(背骨)の歪みにあります」と、断定できること自体がおかしなことであるということが分かると思います。

骨格の歪みを改善できるとは限らない

もう一つ言えることは、骨格が歪んでいるために矯正したいと思っても、どの治療院でも矯正できる技術を持っているわけではないということです。

デイサービスの施術

ルームランナーとエアロバイク

ある患者さんの話ですが、体が硬くなり、左の骨盤が上に上がっていて、ロボットのような感じで歩きにくい、と言われていました。

その方は、週に1回のペースで2年間、デイサービスに通われていました。

そこでは、体が歪み傾いているので、傾かないように筋肉をつけなければいけないということで、筋肉トレーニングをさせられていました。

そして、マッサージや骨格の矯正などもしてもらっていたようですが、「何度矯正しても、また次に来るときには、戻らせてしまいますね。」と言われていたようです。

その方の体の状態を見てみると、筋肉が硬直していましたので、それを緩めて矯正すると骨盤の歪みも矯正されました。

骨格には筋肉が付着しており、筋肉が緊張することで、骨格に歪みが出るわけです。

そのため、筋肉が緊張したまま骨格を整えようとしても、骨格がまた筋肉に引っ張られますので、元に戻るのは当然であると考えられます。

そして、この方を改善するには、まず筋肉を緩める必要があったのですが、実際にやっていたことは、筋肉をつけるという、真逆のことだったわけです。

やっていることが全く的外れだったので、2年間通っても何も改善が見られていないわけです。

整形外科のリハビリに行かれている方も同様で、運動したりマッサージをしたりしているようですが、原因を取り除けないために、何年通っても改善されていない方も大勢いらっしゃるようです。

結論

結局のところ、骨格が大きく歪んでいるのに痛みがない方がいらっしゃることから、痛みを取るためには、必ずしも骨格を整える必要はないことが分かります。

また、そもそも、骨格を整えたいと思っても、治療院にその技術がない場合もありますし、骨折している場合などは、骨格を正常に戻す事が難しいこともあります。

もちろん、間接的に、骨格の歪みが痛みにつながることもありますので、骨格を正常に戻すに越したことはないと思いますが、痛みを取り、日常生活に支障が出ないようにすることを目標にすれば良いのではないかと思います。

痛みの原因には、骨格の歪み以外にも様々なものがありますので、骨格の矯正だけですべての痛みが取れるわけではありません。

整体の中には、骨格の矯正のみしかしないものもありますから、この場合などは、痛みの原因が骨格以外にあった場合は、治すすべが初めからないということになるわけです。