骨盤矯正は必要か?

骨盤模型

整体や整骨院に行くと、「腰痛の原因は骨盤のずれにあります。」、「肩こりを根本的に治すには体のバランスを取る必要がありますから、骨盤を矯正しないといけません。」などという話があるかと思います。

また、ホームページなどを見ていても、痛みを根本的に改善するには、土台である骨盤をそろえなければならないということを良く目にすると思います。

そのため、骨盤のずれを気にしている方も多いように思われますが、そもそも骨盤矯正は必要なのでしょうか?

骨盤のずれとは

名称付き骨盤

仙骨と寛骨は分かれていますから、この二つの骨が接している部分がほんの少しだけ動くようになっています。

そして、この二つの骨が接している部分の、仙腸関節に歪みが生じることで痛みが出ることがあるとされています。

痛みが出る部分は、主に、仙腸関節付近ですが、お尻やそけい部、足にも痛みが出ることもあります。

歪んだ背骨

また、上図のような図を良く見ることがあるかもしれませんが、骨盤はこのように斜め方向にもずれることがあります。

そして、このように骨盤がずれてしまえば、腰、肩、お尻などの様々な部分の左右のバランスが崩れて、筋肉に負担がかかり、痛みにつながっていくことは容易に想像がつくことかと思います。

そのため、整体院や整骨院に行くと、「腰、肩、背中、その他、様々な箇所の痛みの原因は骨盤のずれにあります。これを治さないと痛みは治りません。」という話になると思いますが、本当にそうでしょうか?

痛みの原因

「骨盤が原因と言われたから通っているが、すでに数か月、数年通っていても痛みが取れない。」という方も多いと思います。

もちろん、重症の患者さんの場合は、それなりに時間がかかるのは仕方のないことですが、それでも、週一回のペースで何年も通って治らないのであれば、そこでは治らないと考えた方がよいのではないかと思います。

というのも、骨盤がそれほどずれていないにも関わらず、「骨盤がずれていて、これが痛みの原因です。」と言っている整骨院などもあるからです。

要するに、単なる営業トークのようになっているわけです。

また、腰痛、肩こり、その他のこりや痛みの原因が骨盤の歪みではない場合もあります。

なんでもかんでも骨盤をそろえれば治るというものではありません。

骨盤矯正の必要性

AとBの文字が書かれた標識

このようなことを書くと、他の治療院の方から苦情が来そうですが、骨盤矯正に関しては個人的にはあまり必要ないのではないかと思います。

理由は次の通りです。

  • 体の痛みやこりの原因は、骨盤の歪みにあるとは限らない。
  • 体の痛みを根本的に改善できる整体師なら、痛みを取るための施術をする際に、骨盤矯正も同時にしている。
  • ある程度状態が進行している場合は、それなりの技術がないと、骨盤の歪みを取ることができない可能性があり、その場合は、何年かかっても改善できないことがある。

骨盤の歪みはあくまでも体の不調の原因の一つにすぎません。

全ての原因をここに持ってくることには無理がありますし、それほど気にするものでもないと思います。

それよりは、体の痛みなどの不調を改善してくれる整体を探して、そこで施術を受けた方が、血流やリンパの流れ、神経の伝達など、様々な要素が改善されますので、そちらの方がよほど体に良く、不調も改善でき、病気の予防にもつながってくると思います。