自分で不合理なことだと分かっていても、自分の意志に反して、何度も手を洗うといった同じことを繰り返してしまう病気のことを強迫性障害と言います。

本人の意思に反して頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる強迫観念と、その不安や恐怖を和らげる行為を繰り返し行う強迫行為が症状としてあります。

強迫症状には個人差があり、様々な心配事が強迫症状の原因になる可能性があります。

以下に比較的良く見られる症状をご紹介します。

強迫性障害の具体的な症状

不潔恐怖

最も多く見られる症状で、テレビなどで目にしたことのある方もいらっしゃるのではないかと思います。

お金や電車のつり革などに触ったりトイレに行った後などに手が汚れたという不安から、手洗いを何度も繰り返したり、一日に何度もお風呂に入ったりします。

この他、様々な汚いと思えるものに対して過度の嫌悪感や恐怖を感じます。

以下に具体的な例をあげます。

  • 自宅以外のトイレに座れない。
  • トイレのドアノブが触れない。
  • おにぎりやお寿司など、他人が素手で作ったものが食べられない。
  • エレベーターのボタンなどが触れない。

確認行為


外出の際に、ドアの鍵をかけ忘れていないかが不安になり、何度も家に戻って戸締りの確認をしたりします。

この他にもガス栓や電気器具のスイッチの確認なども繰り返しおこなうため、行動する際に時間がかかってしまいます。

加害恐怖

自分の行為で人に危害を加えてしまうことを必要以上に恐れてしまうことを言います。

例えば、車の運転の際に、誰かをはねてしまったのではないかと思い、何度も戻って確認をしたり、車に乗ることを避けるようになったりします。

儀式行為

物事を行う際に、自分の決めた順番通りにしないと恐ろしい事が起こるといった不安から、順番を間違えると最初からやり直したりすることでかなりの時間がかかってしまいます。

不完全恐怖

物が順番通りに並んでいなかったり、少しでもずれていると気になったり、提出する書類などに誤りがないかが不安になり、確認行為につながります。

その他

特定の数字にとらわれ、その数字に遭遇すると居ても立っても居られなくなったり、避けようとしたりするなど、この他にも様々な事柄に対して強迫症状が現れます。

強迫性障害の原因と一般的な治療法


強迫性障害の原因は現在の医学でははっきりしたことは分かっていません。

しかし、これまでに紹介してきたように様々な症状があることが分かりましたが、共通していることは何でしょうか?

強迫観念や強迫行為の対象や対処の仕方は様々ですが、結局のところ、共通しているのは、不安、恐怖、不快感、依存などの感情ではないでしょうか?

そして、それに関係するものと言えば、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの脳内神経伝達物質ということが言えると思います。

ノルアドレナリンが過剰になると不安、恐怖、緊張などの状態となり、ドーパミンが過剰になると依存などの状態となり、強迫症状の出る際の状態と一致することが分かると思います。

しかし、セロトニンがノルアドレナリンやドーパミンの分泌を抑制する働きがありますから、セロトニンが増えてくれれば、こういった負の感情を軽減させられると考えられないでしょうか?

西洋医学ではやはり薬物療法によって、セロトニンが増えたような状態を作り出すことで、症状を和らげようとするわけですが、十分な効果が出ない割合が比較的高い、副作用がある、中断した時に再発することがあるといった問題があります。

薬物療法以外では、認知行動療法が薬物療法よりも効果が高く、再発もしにくいとされていますが、効果は治療者の能力に影響を受けやすいですし、治療者の数自体がまだ少ないようです。

強迫性障害に対する自然治癒力を高めるために必要なこと


薬物療法は服用した際に一時的にセロトニンが増えたような状態を作り出すにすぎない対症療法であるため、薬を中断すれば症状が元に戻るのは当然といえば当然だと思います。

このようなことを防ぐにはセロトニンを実際に増やせば良いということになるかと思います。

自然な方法で自然治癒力を高めることでセロトニンを増やすことができれば、副作用の心配もありませんし、薬をやめたときの症状の再発におびえることもないのではないでしょうか?

それでは具体的な内容をご紹介します。