胸郭出口症候群(首から手までの痛み)も短期間で改善

肩に手を当てている女性

胸郭出口症候群と言うとあまり耳慣れない言葉かもしれませんが、首、肩、背中、手などの痛みが出る症状があり、言葉自体は知られなくても、この症状が出ていらっしゃる方は多いのではないかと思います。

以下に示すように、痛み止め、マッサージなどではなかなか改善が見られないようですので、早く改善されたい場合は、治療法を検討された方が良いかもしれません。

症状

胸郭出口症候群(首から手の先までの痛み・だるさ)、頚椎症性神経根症、頭痛

 

51歳 女性 介護職

数年前に介護の仕事をし出してから、首がこりだした。

今年のはじめから、どうしようもないくらい首から手の先までだるくて痛くなった。

整形外科で痛み止めを処方され、1週間したら良くなるだろうと言われたが良くならずリハビリを開始した。

リハビリでは首、肩、胸の外側辺りをマッサージするのがメインだった。

リハビリに週1回、3か月通い楽になったが、リハビリをやめて1か月経たない内に症状が再発した。

今度整形外科に行くと痛み止めを処方されると思うが、それでは治らないと思い当院に来院された。

 

施術1回目(2017/6/20)
終わった後、「だいぶ楽になった。」とのこと。

施術2回目(2017/6/23)
初回の施術を受ける前は肩甲骨の内側が痛い気がしたが、今は肩こりの方が痛い。
施術1回目以降、痛みで目が覚めることはなくなった。
左腕のだるさはとれないが、疲労もあるかもしれない。
体勢によって左腕がしびれてくる。
家の中を動くのにずいぶん楽になった。

施術3回目(2017/6/30)
施術2回目以降、ずいぶん動きは楽になった。
まだ、左の手に力が完全に入らない。
頭痛はなくなった。
楽な姿勢が増え、寝やすくなった。

施術4回目(2017/7/7)
夜勤明けできつい。
働いているときに、痛みでイライラすることがなくなってきた。
施術3回目以降、手の痛みがなくなった。
「不思議やら、うれしいやらといった感じ。」

施術5回目(2017/7/19)
施術4回目以降、痛みという痛みは感じていない。
何かすると痛いとかはない。
「体が痛いときは、イライラしながら仕事をしていたが、今は、気分よく仕事ができる。本当に感謝しています。」とのこと。

 

自分自身もお役に立てて本当によかったと思いました。

その後、4ヶ月後にお話を伺ってみると、最後の施術以降、再発することなく快適に仕事をされてあるとのことでした。

以下、患者様の手書きのアンケートです。

アンケート内容

Q1 どのような症状で来院されましたか。

肩甲骨、左肩、左腕の痛み

Q2 当院に通院するようになって、どのような変化がありましたか。

楽になりました(仕事面、生活面全般)

Q3 当院の施術を受けられての、感想・ご意見をご自由にお書きください。

「感謝」の一言です

胸郭出口症候群の患者様のアンケート内容