パニック障害がなかなか治らない方へ

パニック障害とは

うつ病という言葉は誰でも一度は聞かれたことがあるかと思いますが、パニック障害という言葉も聞かれたことのある人が増えてきたのではないでしょうか。

有名人にもパニック障害だったと告白された方がいらっしゃいますが、それだけ患者が増えているのだろうと思われます。

不安が主な症状である疾患をまとめて不安障害と言いますが、パニック障害は不安障害の一種です。

突然はっきりとした理由もなく、激しい動悸やめまい、息苦しさ、発汗、ふるえなどのパニック発作が繰り返し起こり、日常生活に支障がでます。

パニック発作は身体的な症状だけでなく、このまま死んでしまうのではないかと思うほど強い不安や恐怖も感じます。

発作自体は、10分以内にピークになりますが1時間以内におさまり、とても不快なものではありますが、命にかかわるような危険性はありません。

パニック障害の症状


パニック障害の症状は一般的にパニック発作から始まります。

パニック発作を繰り返すうち、再び発作が起きるのではないかという心配、不安などが起こるようになりますが、これを予期不安と呼びます。

また、発作が出た際に、逃げられない場所などに恐怖を感じ、避けようとする広場恐怖などの症状が出てきます。

パニック発作
パニック発作では、以下のように様々な症状が現れます。

  • 身体症状・・・動悸、心拍数の増加、めまい、ふらつき、発汗、ふるえ、しびれ、息苦しさ、耳鳴り、胸の痛み、胸の不快感、吐き気、腹痛、気が遠くなる感じ、寒気、熱感、感覚麻痺、非現実感、離人感(自分が自分でないような感じ)
  • 精神症状・・・死に対する恐怖感、正気や自制心を失うことに対する恐怖感
予期不安
予期不安では以下のような不安や恐怖の感情が現れます。

  • また、発作がおこるのではないか?
  • 死んでしまうのではないか?
  • 気絶するのではないか?
  • 気が狂ってしまうのではないか?
  • 自分は重い病気なのではないか?
  • 発作が起きても誰も助けてくれないのではないか?
  • 発作が起きた場所から逃げ出せないのではないか?
  • 恥をかくのではないか?
  • 人に迷惑をかけるのではないか?
広場恐怖
逃げたくても逃げられない状況や発作が出ても助けてもらえない場所、発作が起きたときに他人から見られて恥ずかしい思いをする場所などに対する恐怖心を感じ、避けるようになる状態。
症状がひどくなるにつれ、次第に行動が制限され、一人で外出することもできなくなることもあります。
具体的には以下のような場所があげられます。

  • バス、電車(特に、満員電車、特急、急行電車)、飛行機、船
  • 高速道路、駐車場、トンネル、橋、地下道、公園、人ごみ
  • 歯科、美容室、エレベーター、エスカレーター、映画館、MRI
  • 列に並んでいる時
  • 一人でいる時
  • 会議に出る時

パニック障害の原因


パニック障害になる原因については、現在のところ、まだはっきりとは分かっていませんが、以下のような要因が考えられています。

ストレス
ストレスとなるものには以下のように様々な要因があります。様々な要因が重なり、ストレスが大きくなるとパニック障害も発症しやすくなると考えられます。たばこやカフェインは自主努力で控えられないこともありませんので、できるだけ減らすようにしてみてはいかがでしょうか。

  • 物理的要因・・・痛み、暑さ、騒音など
  • 化学的要因・・・たばこ、薬品、カフェインなど
  • 生物学的要因・・・細菌、ウイルス、花粉など
  • 心理的要因・・・不安、怒り、罪悪感など
  • 社会的要因・・・転職、離婚、貧困など
気質
パニック障害になりやすい気質には以下のようなものが考えられています。

  • 完璧主義、几帳面、生真面目
  • 素直、従順
  • マイナス思考、不安や強迫観念が強い
  • 利他的、自分の気持ちを我慢する
遺伝
血縁者にパニック障害の患者がいる場合はいない場合と比較して、パニック障害を発症する確率が高くなると言われています。

生物学的な原因と一般的な治療法


生物学的には脳内神経伝達物質のバランスが崩れていることが原因とされています。

特にノルアドレナリンは、集中力ややる気を高めるために重要な働きをしますが、不安や恐怖などの感情にも影響します。

そのため、パニック障害を発症した人は、ノルアドレナリンの分泌が過剰になっていると考えられるのではないかと思います。

一方で、セロトニンはノルアドレナリンの分泌を抑制する働きがありますから、セロトニンの量を増やすことができれば、ノルアドレナリンの過剰分泌を抑え、パニック障害の症状を改善することができると考えられると思います。

そして、西洋医学では、セロトニンを抗うつ薬によって一時的に増えたような状態にしようと試みます。

その他、抗不安薬も処方されますが、やはり症状を一時的に緩和させるための対症療法となります。

パニック障害も、長い人は何年も治らない人もいらっしゃいますし、うつ病などを併発し、さらに改善が難しくされる方もいらっしゃいます。

病院を受診され、身体に異常がなくパニック障害と診断されたときは、自然治癒力を高める対処の仕方も検討されてはいかがかと思います。

詳細を以下に掲載しますので、参考にされてください。