整体と整骨院(接骨院)はどちらを選ぶべき?

施術台

最近になって、整骨院が急激に増えてきましたが、整体の数も整骨院ほどではないにしても増えており、どちらに行かれるか迷われる方も多いのではないかと思います。

整体と整骨院の違いを知ることで、どちらを利用すればよいかも見えてくると思いますので、これらの違いについて考えてみたいと思います。

保険

利用する側からすると、最大の違いは、保険が適用できるかどうかではないでしょうか?

整骨院では保険が適用できて安く受けることができるからという理由で、整骨院に行かれる方も多いと思いますが、整骨院で保険が適用されるのは、急性のけがのみとなります。

具体的には、骨折、脱臼、打撲、捻挫、挫傷だけです。

「自分は、肩こりとか腰痛の時も保険が効いたよ。」と思われている方も多いかもしれませんが、それは不正請求をしていただけの話です。

例えば、肩こりを捻挫などと偽って請求したりしていました。

しかし、現在は取り締まりが厳しくなってきていますので、こういったことは今後は難しくなってくると思います。

国家資格

鉛筆と参考書と必勝の文字

整骨院は柔道整復師という国家資格を所持していないと経営することはできません。

柔道整復師養成課程のある大学を4年、短期大学、専門学校を3年受講して国家試験に合格して取得する必要があります。

柔道整復師の国家試験に関しては、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、衛生学・公衆衛生学、一般臨床医学、外科学概論、整形外科学、リハビリテーション医学、柔道整復理論及び関係法規から出題されるようです。

逆に整体院は、国家資格が必要ないために、誰でも開業することができます。

整体の資格の中には、通信で短期間で取得できるものから、1,2年の間、しっかりとした知識や技術を学ぶところもあるようです。

個人的体験談

自分自身は、大手の整体の専門学校で整体師の資格を取得しました。

期間は最大6ヶ月(単位の取り方で期間の長さが変わってくる)であり、筋肉をほぐす手技のみを習いました。

一般的な、マッサージ店や整体院でされている、主に親指を使って筋肉をもみほぐすやり方です。

それ以外には、骨格を整える手技(カイロプラクティックの骨格をポキポキするもの)もありましたが、取得しませんでした。

他にも足の裏をマッサージするリフレクソロジーなどもありました。

要するに、整体院や美容系のマッサージ店など、様々なサービスに対応できるように、総合的に学べる内容になっていました。

しかし、単に就職に有利になるというくらいのもので、高い技術力が身につくわけではありませんでしたので、個人で整体院を経営されてある整体師のもとに行き、マンツーマンで教えていただきました。

そこで知ったことは、その整体が様々な病気や症状を実際に改善しているという事実でした。

そもそも何を習うかで整体師になったときの改善率は全く異なると言う事になります。

技術力

光に両手をかざす

様々な整骨院や整体院に通われたことがある方は、「どこも同じようなもので治らない。」と思われているかもしれません。

実際のところは、柔道整復師を取得しているからといって、それが技術力の証明にはなりません。

むしろ、整骨院=治らないと思われている方も多いと思います。

かといって、整体師=治るというものでもありません。

先ほどお伝えしたように、通信教育で短期間で取得できるものも存在するわけですし、大手の整体の専門学校で、それほど熱心に学ばずに、単位だけ取得して資格を持っている人なども多くいらっしゃるわけです。

いや、むしろそういう人がほとんどと思います。

そのために、どこも同じように、治らない整体院、整骨院となっているわけです。

結論を言えば、整体だから治るわけでも、整骨院だから治らないわけでもありません。

保険の不正請求が難しくなってきましたので、両者に大差はなくなってきています。

技術力が高いかどうかは、まず第一条件としてその施術者がどれだけ優れた技術を習得したかということになります。

それから、どれだけ熱心に勉強し、知識や技術を身に付けるための努力を続けているかということにかかっていると思います。

そのため、整体院や整骨院などの看板にはほとんど意味はないということになります。

技術力がない治療院が増えてきたのは事実ですが、中には様々な難病を治せる治療家がいます。

本当に改善したいとお考えの方はそういう治療家を探されてはいかがかと思います。