自律神経失調症とは何か

自律神経失調症を理解するために、まずは自律神経とは何かを考えてみます。

自律神経とは

自律神経とは、読んで字のごとく人間の意志とは無関係に、自動的に働く神経であり、心臓の拍動や胃液の分泌、血管の収縮、拡張など人間が生命を維持する上で欠かせない、様々な機能をコントロールしています。

自律神経は交感神経と副交感神経からなり、交感神経は活動している時や興奮している時に優位になり、副交感神経は寝ている時やリラックスしている時に優位になります。

以下に交感神経と副交感神経のそれぞれが優位になった場合の体の反応を示します。

交感神経優位 副交感神経優位
瞳孔 散大 縮小
唾液 減る 増える
気管支 拡張 収縮
心臓 心拍数が増える 心拍数が減る
末梢血管 収縮 拡張
胃腸 消化液の分泌が減る
蠕動運動抑制
消化液の分泌が増える
蠕動運動促進
膀胱 排尿を抑制する 排尿を促進する

様々な機能がありますが、おおざっぱに、野生動物に襲われたときなど大きなストレスを感じたときに、優位になる神経が交感神経、その逆が副交感神経と覚えればよいかと思います。

野生動物に襲われたときには、周囲の状況を良く把握する必要がありますから、瞳孔は散大します。

エネルギーは食物の消化などに使用するよりも、逃げる事か、戦う事に使用する必要がありますから、唾液や胃液などの消化液の分泌は減ります。

激しい運動をするためにエネルギーを大量に作り出す必要があるため、多くの酸素を体に取り込めるように気管支は拡張し、心臓の鼓動は速くなります。

このように具体的に、理論的に考えれば、頭に入りやすいかと思います。

上記の表から、交感神経と副交感神経がバランスよく働くことで、人が生きていく上で必要な様々な機能が調整されることが分かると思います。

自律神経のバランスが崩れた時に起こること


それでは、交感神経と副交感神経のバランスが崩れた場合にはどのようなことが起こるでしょうか?

現在はストレス社会ですから、仮に、リラックスした時に優位になるべき必要がある副交感神経が優位にならず、交感神経が優位になったままの場合を考えてみます。

仕事や学校から帰ってきた時には、活動することで使用したエネルギーを休息して蓄える必要があります。

その際には、大量のエネルギーを消費してはいけませんから、心拍数は減り、気管支は収縮する必要があるので、副交感神経が優位になる必要がありますが、この時に、心拍数が下がらず、心臓がバクバクなっているままの状態、つまり、交感神経が優位な状態であれば、「動悸」という症状になるわけです。

また、食事をとって栄養素を吸収する必要がありますが、その際に、胃腸の働きが不十分である場合、つまり、交感神経が優位な場合は、「便秘」、「胃もたれ」、「胃痛」などの症状が出ることになります。

このように、自律神経のバランスが崩れることで様々な身体の不調が現れることが理解できると思いますが、このようにして現れる身体の不調を自律神経失調症と呼びます。

自律神経失調症の症状

自律神経には身体の健康を保つ上で必要となる様々な機能があることが理解できたと思いますが、逆に言えば、自律神経のバランスが崩れることで様々な身体の不調が起こることになります。

以下に自律神経失調症の症状を記します。

この他にも様々な症状がありますので、病院で検査をしても異常が見られない場合は、自律神経失調症を疑われると良いと思います。

頭痛、頭重感
耳鳴り、耳閉感
口のかわき、口の痛み、味覚異常
ドライアイ、目の疲れ
心臓 動悸、不整脈、頻脈、高血圧
消化器 胃痛、吐き気、便秘、下痢、のどのつかえ感
泌尿器 頻尿、残尿感
全身 めまい、不眠、多汗症、ほてり
精神 不安、イライラ、無気力、焦燥感

自律神経失調症に対する自然治癒力を高める方法


自律神経失調症が起こる仕組みや症状が分かったところで、では実際にどうやってそれらの様々な症状に対処していけば良いかということになるかと思いますが、やはり第一の選択肢は病院ということになると思いますし、もし、不調の原因がはっきりと分かっていない状態であれば、病院で検査をしてもらい、原因を突き止めることが重要と思います。

しかし、病院の検査では異常が見つからず、自律神経に問題があるのだろうと言われたときには、精神科、心療内科を受診することになるかと思いますが、やはり薬物療法がメインの治療となり、対症療法となりますので、症状がなかなか改善せずに、長い間闘病生活を送っていらっしゃる方もいらっしゃいます。

では、自律神経のバランスを根本的に改善するにはどうすればよいでしょうか?

自律神経のバランスを調整してくれる脳内神経伝達物質にセロトニンがあります。

結局のところ、自律神経のバランスを崩しているということは、セロトニンが不足しているということが有力な原因の一つになると考えられると思います。

それでは、セロトニンを増やすための自然治癒力を高める方法を以下に記します。

セロトニン一つで多種多様な症状の改善が期待できるわけです。