院長の気づきのブログ

姿勢が崩れる理由~知らぬ間に肩こりの原因を作っていませんか?

猫背でスマホを扱い首に負担がかかる様子

人の頭の重さは5kgほどありますが、姿勢が正しければ、背骨でしっかりと支えることができますので、それほど筋肉に負担をかけることはありません。

しかし、少し前かがみになるだけで、その頭の重さを支えるために、首や肩、背中の筋肉が緊張します。

筋肉が緊張したままだと、血流が悪化し、コリになってしまいます。

「姿勢の悪さから肩こりになる」

これは分かりやすい話ですので、改めて説明するまでもないかもしれません。

しかし、分かっていてもなかなか正しい姿勢を維持する事が出来ずに、肩こりになってしまうものではないかと思います。

ここでは、姿勢が崩れ、肩こりになってしまう理由について考えてみます。

意識の問題

正しい姿勢で歩く女性

正しい姿勢を維持する上で、最も基本となるのが、常日頃から意識しておくことだと思います。

整体で、骨盤や背骨が歪んでいるために、矯正した方が良いと言われる事があると思いますが、仮に矯正したとしても、日常生活で正しい姿勢をしていなければ、何度矯正してもバランスが崩れてしまうと思います。

いつも自分で気をつけておくことが最も重要です。

筋力不足

やせている女性

意識する事が最も重要と言う話をしましたが、正しい姿勢を維持しようと努力しても、なかなか維持できなかったりすることもあると思います。

筋肉量があまりにも少なければ、そのような事が起こりうると思います。

普通の生活を送っていれば、それほど意識して筋肉を鍛えるという事は必要ないかと思いますが、現在は運動量がかなり減ってきているため、人によっては筋肉をつける事も必要かもしれません。

熱中しやすい性質

読書に夢中になる女性

物事に熱中しやすい人も、知らず知らずのうちに姿勢が崩れて猫背になっていたりするものではないかと思います。

一生懸命になりすぎて、体に負担がかかっているにもかかわらず、それに気づかなかったりするわけです。

自分の思いや感情が強すぎて、自分の体の声に耳を傾けられなかったりする人とも言えるかと思います。

ある程度自然体で生きていれば、仕事、勉強、部活、趣味などをしている時でも、疲れたと思ったら、休んだり、これ以上はしたくないという気持ちが出てくるものです。

それ以上に、体に無理をしてしまうような何かがあるわけです。

これも、結局のところは、意識して正しい姿勢を維持できるようにするしかないかと思います。

近視

悪い姿勢でノートに書きこむ男の子

正しい姿勢をしないというのは分かっていても、なぜか最近、気づいたら前のめりになり、姿勢が崩れているという事もあると思います。

この場合、視力が低下してきているという事もあると思います。

視力の低下によって、パソコンの画面や書籍までの距離が近くなり、どうしても姿勢が悪くなってきます。

眼鏡やコンタクトをするなどして、視力の矯正をすることも必要です。

体のバランスが崩れている

猫背の人の骨格の様子

十分な筋力があるにも関わらず、正しい姿勢が維持できない人もいますが、これはなぜだと思われるでしょうか?

実は整体師から見ると、体のバランスが崩れていて、自力では姿勢を正しくするのが難しくなっているケースもあります。

何事も極端なケースを考えれば分かりやすいと思いますが、お年寄りなどで、かなり腰が曲がってしまっている人の事を考えてみます。

そのようなお年寄りに、「肩こりを予防するために、姿勢を正しくしなさい。」と言ったところで難しいと考えられると思います。

つまり、ある程度、姿勢が悪くなってしまっている場合には、整体で矯正をしない事には、姿勢を正すことができなくなるわけです。

まとめ

肩の施術をする整体師

肩こりになる大きな原因の一つに、姿勢の悪さがありますが、正しい姿勢を維持する上で最も重要な事は、常日頃から意識する事です。

しかし、ある程度、姿勢を悪くしてしまったら、きちんとした技術力のある整体師に見てもらう事が必要になってきます。

高い技術力や豊富な知識を持たれている整体師であれば、姿勢の矯正以外にも、日常生活において気を付けることなども、的確にアドバイスできると思います。
信頼ある整体師を探す事も重要かなと思います。

記事が参考になった場合、シェアしてもらうと有り難いです。