院長の気づきのブログ

整体とカイロプラクティックの違い~どちらを受けるべき?

整体とは?カイロプラクティックとは?

背骨の矯正

整骨院を中心に、鍼灸院、整体院など、様々な治療院が増えてきましたが、カイロプラクティックという名前が入った治療院を見かけることもあるのではないかと思います。

カイロプラクティックというと、ポキポキするといったイメージがあるでしょうか?

体を崩した際にどの治療院に行った方が良いか迷われる方も多いかと思いますので、カイロプラクティック、整体とはどのようなものかをおさらいしてみようと思います。

また、自分自身が学んだり、経験してきて身に付けた知識から、実際の効果をお伝えします。

カイロプラクティックとは
腰背部のレントゲン

カイロプラクティックの定義ははっきりとはしていないようですが、厚生労働省のサイトでは以下のように書かれています。

カイロプラクティックは身体の構造(特に脊椎)と機能に注目した専門医療です。カイロプラクティックの施術法は、施術者によって様々ですが、主に脊椎やその他の身体部位を調整(矯正)することにより、ゆがみの矯正、痛みの軽減、機能改善、身体の自然治癒力を高めることを目的としています。

厚生労働省「統合医療」情報発信サイト

欧米などでは、国家資格として法制化されている国もありますが、日本では国家資格にはなっていません。

一口にカイロプラクティックといっても、かなりの種類のテクニックがあるようですが、その中のいくつかのテクニックを習得して、施術されているようです。

国家資格ではなく民間資格ですので、資格を取得する際も数か月という短期間で取得できるものもあれば、2年間しっかりと学ぶ必要のある所もあります。

そのため、施術者によって知識量や技術力にはかなりの隔たりがあると考えられます。

個人的体験談

これは個人的な経験による情報ですので客観性を欠くかもしれませんが、実は自分自身もカイロプラクティックの講習会に参加していたことがありました。

その講師は知識量も技術力も優れていたようですが、テクニックはディバーシファイド・テクニック、トムソン・テクニック、ガンステッド・テクニック、ターグルリコイル・テクニック、SOT(仙骨後頭骨テクニック)などを習得されていたようです。

これに、同様にアメリカ発症のオステオパシーの技術なども組み合わせて施術されていたようでした。

専門用語が多く、かなり難しい講義と技術で、何か月も通っていましたが、チンプンカンプンの状態でした。

結局のところ、改善にどのくらいの期間がかかるかというと、むち打ちで2~3年、四十肩・五十肩は何も治療をしないときの半分の期間、ヘルニアは週4日で半年から1年とのことでした。

今振り返ると、これはあまりにも時間がかかりすぎです。

むち打ちなど治療になっているのか、悪い人であればずっと治らないのではないかと思います。

技術力の高い整体師であれば、これらの症状は、軽ければ数回で改善できると思います。

※ このことは、一般論化できませんし、カイロプラクティックの先生には申し訳ないですが、ただ、本物の技術が広まってほしいというのが自分個人の本音です。広い心でお読みください。

※ 「技術力の高い整体師」と書きましたが、整体の中には、かなり効果の高い技術があります。その整体法の効果を科学的に検証してみてはどうかと思います。あまりにも効果の低い治療法が蔓延していると思います。

整体とは

整体に関してもはっきりとした定義はないようですが、主に手を使い、骨格や筋肉を調整する技術の総称といった感じでよいのではないかと思います。

これまでに様々な整体の技術が生み出され、それを師匠が弟子に伝え、その弟子がさらに自分なりのアレンジを加えて普及させるといった具合にして広まってきたため、多種多様な技術があり、これが整体の手技ですと言えるものはないわけです。

そして、カイロプラクティックは日本では民間療法扱いであるため、カイロプラクティックの手技を学んだ人も整体と名乗ることもあり、両者の線引きはそれほど明確ではないと思います。

整体とカイロプラクティックはどちらを受けるべきか
健康と病気の分かれ道の標識

先ほど紹介させていただいたように、カイロプラクティックで治る症状もあると思いますが、治らないものもあります。

そのため、しっかりした技術のある施術家は、カイロプラクティックを取り入れていたとしても、他の技術も組み合わせているのではないかと思います。

恐らくカイロプラクティックの技術のみで施術されている方は、治らない症状がたくさん出てくるのではないでしょうか?

結論からすると、どちらがいいとは言えず、結局はその人の技術力次第だと思います。

しかし、カイロプラクティックの一つの手技のみでやっているところは、あまり効果を期待しない方がいいかもしれません。

体の不調というのは様々な要素から出てくると考えられますから、それらに対応できる技術が必要になってくるのではないでしょうか?

記事が参考になった場合、シェアしてもらうと有り難いです。