院長の気づきのブログ

整体が痛みの改善に必要な理由~病院や治療院に何年通っても治らない人へ

疑問い思うおばあさん

そもそも論になってしまいますが、痛みを改善させたいときに、なぜ、整体が必要だと思いますか?

痛みから解放されたいとお考えの方で、どうすれば良いか見当がつかない人もいると思いますので、整体の必要性について考えてみます。

痛みを取るための方法

肩や背中にシップを貼っている人

まず、痛みを取るための方法にはどのようなものがあるかを考えてみたいと思います。

具体的にはどのようなものが浮かぶでしょうか?

整形外科では、痛み止め、シップ、ブロック注射、電気治療、マッサージ、牽引。

整骨院では、電気治療、マッサージ、整体。

整体院では、整体。

鍼灸院では、鍼、灸。

気功院では、気功。

ネットで検索して見ると、ストレッチやツボ、体操なども出てきます。

痛みが取れる理屈

筋肉の緊張と血流の関係

痛みは筋肉の緊張からきていることが多く、筋肉の緊張は、筋肉に老廃物がたまることで起こります。

そのため、筋肉の緊張を取るためには、この老廃物を排出してやる必要があるわけです。

そのために様々な方法が用意されているわけです。

整形外科が行う、痛み止め、シップ、ブロック注射などは、目的が異なりますが、その他の方法は、理屈は違うかもしれませんが、痛みが軽減するとすれば、やはり、筋肉がほぐれていると考えられます。

筋肉の緊張を取るだけではいけない

背骨が歪んだ人の体

痛みには、筋肉の緊張以外が原因になることもあります。

例えば、ヘルニアや脊柱管狭窄症のように、骨格が歪んだりすることで神経が圧迫され、痛みが出る事があるわけです。

この場合は、骨格の歪みから痛みが出るわけですから、骨格の矯正をする必要があると考えられると思います。

つまり、筋肉を緩めるだけでは改善できない可能性があるわけです。

そこで、整体で、引っ張ったり、ねじったりといった物理的な力を使って、骨格を矯正していく必要が出てくることになります。

このように考えれば、痛みを取るために、整体が必要であるという事が分かると思います。

筋肉の緊張は本当に取れているか?

刺激物質が蓄積した筋肉

ただし、何年通っても根本的には改善しないという方もいると思います。

それも、骨格に異常がないために、恐らく、筋肉の緊張が原因と考えられる場合です。

その場合は、筋肉の緊張がしっかり取れていないということもあります。

その時だけ少し筋肉が緩んで痛みが軽減するが、少し時間がたつと、すぐに痛みがぶり返してしまうことになります。

筋肉の緊張を取り切れる技術がなければ、いつまでも治せないということです。

矯正だけで良い?

繰り返しを示す矢印

先ほどとは逆になってしまいますが、筋肉の緊張を取らずして、骨格を整えようとするところもありますが、そのようなことをしても、またもとに戻ってしまいます。

というのも、骨格には筋肉がついていて、骨格だけいくら矯正しようとしても、筋肉が緊張していれば、また骨格を引っ張って、元に戻ってしまうからです。

骨格を矯正する、元に戻る、骨格を矯正する、元に戻る・・・これを延々と繰り返していることもあります。

治ったのは症状がそれほどひどくなかっただけかもしれない

鍼が刺さっている皮膚

結局、筋肉を緩めることと骨格を矯正することの両方が出来ないことには、様々な症状を改善できないということが分かると思います。

整体の技術が必要な理由が分かったと思います。

整体以外の方法で、骨格の矯正をせずに痛みを取り除けた場合は、筋肉の緊張がそれほどひどくなく、骨格に異常がなかったケースだったかもしれません。

記事が参考になった場合、シェアしてもらうと有り難いです。