院長の気づきのブログ

整体の技術は同じでも効果が同じとは限らない

考える男女の整体師

整体には、様々な技術がありますが、同じ整体法を学んでいたとしても、効果は整体師によって全く異なるようです。

それはなぜだかわかるでしょうか?

様々な整体法

両手の親指を立てる整体師

整体についてご存じない方も多いと思いますので、少し解説しておきます。

整体法で、スタンダードというか、最もよく見かけるのが、マッサージなどで使用されている、親指で筋肉をぐいぐいもみほぐしたり、骨格をポキポキと矯正する形の整体ではないかと思います。

ただ、最近は、お客さんの話を聞いていると変わったものもあるようです。

手を触れずに、手の平を体にかざして動かしているだけで、首が回るようになったりしたという人がいました。

気功などを使っているのかなと思いましたが、だからといって、それで痛みが完全に取れるわけではなく、何日かしたら、痛みは戻ってきたとのこと。

継続して行かれていませんから、効果の方は何とも言えませんが。

また、トラウマなどに働きかけるといったことをするところもあるようです。

整体師も、様々な技術を学んで、施術に利用しているのだろうと思います。

ただ、切実に思うのが、臨床データを積み重ねて、改善率が高い治療法を確立してほしいということです。

素人から見たら、色々な技術がありすぎて、どれがいいか全く見当がつかないでしょう。

同じ整体法でも効果に違いが出る理由

整体について詳しくご存じない方には分からないと思いますが、同じ整体の技術を使用している所もありますが、効果の方は整体師によってまちまちのようです。

なぜだと思いますか?

意識の高さの違い

握りこぶしを上げる整体師

単純な話ですが、同じ技術を学んでいても、どれだけ真剣に改善しようとしているかなども、整体師によって全く異なります。

整体も、固定客がついてくれば安定してきますので、特に、治そうとする必要はないわけです。

技術を習得しても、改善するために、知識を貪欲に吸収しようとする整体師は、やはり、健康や病気、治療法に関する知識も増えますので、さらに様々な症状に対応できるようになります。

技術面も、もちろん向上心がある整体師は高まっていきます。

「少しでも早く改善させよう、そのためにはどうすれば良いか?」とか、「この人をどうにかして、楽にしてあげよう。」と考えながら整体をするのと、何も考えずに同じことを繰り返すのでは、当然、数か月後、数年後の、その人の技術力には大きな開きが出てくると思います。

気の強さの違い

人のオーラとチャクラ

自分自身は、「気」と言うものの存在を信じています。

例えば、「治してあげたい。」という慈悲心から整体をしている人と、「チェーン店を作って、大儲けしたい。」という我欲から整体をしている人では、前者の方が、強い、効果の高い「気」を発することができるのではないかと思います。

これは、お客さんの方にも同じことが言えます。

「何が何でも病気を治して、健康な生活を取り戻したい。」と強い願望を持っている人の方が、「本当に治るのか?」という疑いの気持ちを持っている人、「治らないだろう。」というあきらめの気持ちを持っている人よりも改善率が高くなるのではないかと思います。

ただ、ここが難しいところだと思うのですが、整体をしているときに、「治してあげたい。」といった、個人的な気持ちが入りすぎてしまうと、これも良くないように思います。

なるべく、施術中は、無心になれるのが理想なのだろうと思います。

整体師の技術力はピンキリ

初心者マークを持つ整体師

同じ整体の技術を習得していたとしても、その改善率が変わってくるという理由が分かると思います。

西洋医学では、ある程度臨床データがありますから、どの医師を選んでも、極端に改善率に差が出ることはないと思います。

ある程度、治療法が確立されているからです。

しかし、整体には、確固とした治療法が確立しているわけではありません。

そのため、技術力は天と地ほどの差が出ます。

その理由が多少なりとも理解していただけたのではないかと思います。

「整体院Aと整体院B、整骨院Cは○○という同じ整体法を使っているから、どこに行っても同じだろう。」という事にはならないわけです。

もちろん、全く異なる整体法と比べれば、多少は効果は近くなってくるとは思いますが。

整体法の名称は、技術の目安にはなっても、はっきりした技術力は、結局のところ、結果からしか分からないわけです。

記事が参考になった場合、シェアしてもらうと有り難いです。