院長の気づきのブログ

整体にカウンセリングが大切な理由

整体師に症状を説明するお客さん

整体に行くと、お客さんの体調や生活習慣などについて詳しく話を聞いてくれる所と、あまり話をせずに、すぐに施術に入る所があると思います。

何度も通っていると、体の変化も小さくなってくると思いますし、お客さんの事については大体把握できてくると思いますから、それほどカウンセリングに時間がかからなくなってくるとは思いますが、特に1回目は時間を要すると思います。

整体を続けてきて思う事は、カウンセリングが整体をする上で重要であるという事です。

では、なぜカウンセリングが重要であるかについて説明します。

原因を特定する

虫眼鏡を持つ探偵

痛みやしびれなどの原因を知るためにはどうすれば良いでしょうか?

一つは、実際に整体をするときに、お客さんの体を触ることで分かると思います。

筋肉の硬さや骨格の歪みなど、健康な人の体の状態と比較して、異常が分かることになります。

他にはどのような事が考えられるでしょうか?

実は、お客さんの話も原因を特定するための重要な情報になります。

例えば、手が痛いと言われても、どのような動きをした時に痛いのか、どのような痛みか(神経に来るような鋭い痛みか筋肉痛のような鈍い痛みか)などの情報からも原因を特定するために必要な情報になります。

手が痛いからと言って、手に原因があるとは限りません。

肩の筋肉の緊張から来ている可能性もありますし、首が原因の場合もあります。

手を動かしたときに、手に痛みが走る場合でも、肩も動かしていて、実際には、肩が原因で痛みが出ている場合もあるわけです。

この場合に、手をいくら施術してもどうしようもないわけです。

どのような症状があるのかを知る事ができる

足に痛みがあるおばあさん

これは解説する必要もないかもしれません。

例えば、一口に坐骨神経痛と言っても、お尻が痛い場合もあれば、足に痛みがある場合もあります。

痛みではなくしびれの場合もあります。

足に力が入らないという事もあります。

では、お客さんから「足に力が入りません。」と言われて、何が原因か分からなければ、対処のしようがありません。

しかし、カウンセリングを詳しくすることによって、徐々にそういった知識も蓄積してきます。

そうすれば、様々な症状に対処できるようになってくるわけです。

当然のことながら、きちんと勉強はする必要があります。

それがなければ、いつまでも知識は増えていかないでしょう。

体の状態と症状の相関関係が見えてくる

頭痛で不快そうに頭を押さえる女性

様々な症状を持つ、多くの人を整体していると、どういった症状があれば、体のどの部分が悪いかなどの、関係性が見えてきます。

例えば、頭痛がするお客さんがいた場合に、頭痛がすれば、首の筋肉に緊張があるなどと言う事が分かってきます。

そして、施術を続けている途中に、悪かった首の状態が良くなっていくと、頭痛も和らいでいきますが、どのくらい首が悪ければ、どのくらいの痛みが出るか、どの程度首が良くなれば、頭痛が治まるかなどという事が、分かってきますが、これは、カウンセリングによって、お客さんから頭痛の程度を聞き出すしかないわけです。

そう考えれば、カウンセリングをなるべく詳しくする必要性が分かると思います。

逆に言えば、カウンセリングをあまりしない整体院は、お客さんの体の状態をしっかりと把握できていないという事になります。

どのような療法が効果があるのかが見えてくる

整体院、整骨院、マッサージ、カイロプラクティック、鍼灸院

お客さんの中には、様々な療法を受けてこられた方がいます。

西洋医学はもちろんの事、整骨院、鍼灸院、整体院、気功、催眠療法、ヒーリング、漢方など。

整体法にも様々なものがありますから、どの技術が効果があるのかがはっきりと見えてくることになります。

漢方なども、大抵は、「効いているのかどうなのかわからない。」くらいの効果しかありませんが、中には、多少は改善が見られるものもあります。

当然のことながら、西洋医学で治らない病気などごまんとありますが、そういったこともリアルにわかってきます。

日本は西洋医学以外の補完代替療法の普及が遅れていますが、より効果的な療法を広めるためにも、少しでも多くの人が正しい知識を学んでいく必要があると思います。

そうすれば、徐々に、政治にも影響を与え、西洋医学一辺倒の誤った治療法も改革することができるだろうと思います。

(もちろん、西洋医学を全否定しているわけではありませんが。)

技術があるからこそカウンセリングが必要になる

問診する整体師

整体師がカウンセリングに力を入れる事の重要性を書かせていただきましたが、当然技術力も伴っていなければなりません。

例えば、症状の原因を特定できたとします。

しかし、それを改善できるだけの技術力がなければ何にもなりません。

また、体の状態と症状の関係性についても、技術力があるからわかる事です。

どういうことかと言えば、整体をしても、体の状態に変化がなければ、カウンセリングをしたところで、症状との関係性なども全く分からないことになります。

もっと言えば、症状に何の変化もなければ、症状を詳しく聞いたところで、何にもならないという事が分かると思います。

毎回来るたびに、「変わりません。」で終わってしまう事になります。

技術力があり、改善しようという意思があれば、自ずとカウンセリングを重視するようになると思います。

記事が参考になった場合、シェアしてもらうと有り難いです。