お客様の声と症例

うつ病(うつ状態)の症状が数回で改善した例

うつ病や更年期障害(ホットフラッシュ)も改善

ベッドでふさぎ込む女性

それほど重症の患者さんではありませんが、一年間も苦しめられたうつ病の症状が数回の整体の治療によって改善しましたのでご紹介します。

うつ病になる前は、5年前に更年期障害になられており、ホットフラッシュの症状(急に起こる体のほてりや大量の発汗)がありましたが、これも数回で改善が見られました。

※ うつ病としていますが、この方は、病院嫌いのため病院に行かれておらず、正式に医師から診断を受けたわけではありません。軽いうつ病かうつ病の一歩手前くらいの状態であると思われます。

※ 回復の早さには個人差があります。(症状、症状の重さ、症状の出ている期間、生活習慣、年齢、体質などによって差が出ます。)


症状

うつ病(ゆううつ感、不安感)、疲れやすさ、倦怠感、体の重さ、むかつき、不眠、更年期障害(ホットフラッシュ)

55歳 女性 主婦 福岡県春日市在住

5年前から、更年期障害になり、ホットフラッシュが出ることがある。

夜中寝ていても、体が熱くなり全身に汗をかいて、目が覚めて着替えたりしなくてはいけない。

更年期障害を治すために整体もいくつか行ったが、痛くて続かなかった。

ご両親の介護のストレスで、一年前くらいから、ゆううつ感、疲れやすさ、倦怠感、体の重さ、むかつきといった、うつ病の症状が出てきた。

ゆううつ感は一人でいるといつもあるが、外に出たり、人といると大丈夫。

ゆううつ感はいい事があると少し楽になるが、長続きしない。

先の考えても仕方のない事を考え、不安が暴走して、抑えられなくなる。

自殺願望はない。

湿気が多いと毎日つらい。

からっと晴れた日は、体の方はいいが、精神的にはしんどい感じがある。

ゆううつ感が出ると、一日に1~2回、発作的に胃の辺りが気持ち悪くなり、すごく嫌な気持ちになる。

上半身が重く感じ、歩くのもしんどいときもある。

うつを治すために本も読んだがだめだった。

施術1回目(2018年6月1日)

施術2回目(2018年6月8日)

施術1回目の後、体が大分軽くなった。

それまでは自覚がなかったが、軽くなって重かったことに気づいた。

施術の次の日くらいまでは良かったが、今はその時ほどすっきりしておらず、全身が重く感じる。

施術後、「せっかくすっきりしているので次回まで持てばいい。」とのこと。

施術3回目(2018年6月13日)

今週はプライベートでいいことがあり、あまりゆううつにはなっていないとのこと。(患者さんは気分の問題にしていますが、整体の効果が現れている可能性があります。)

疲労感は多少はましかなという感じ。

汗は少なくなったかもしれない。

体の重さはちょっとましかもしれない。

睡眠は前ほど浅くはないかもしれない。

施術4回目(2018年6月18日)

ゆううつ感は十分の一くらいに軽くなった。

不安感も十分の一か二くらいになった。

ホットフラッシュで極端に大量の汗をかく回数が減り、夜中に汗で目が覚めなくなった。

少量の汗はしょっちゅうかいている。

雨のせいか、体の重さは今朝起きて、最高に重かった。(だるさやきつさも強かった。)

睡眠は整体を受ける前に比べると眠れている。

ここ一週間、気持ち悪さが出ていないが、これだけでもすごくいい。

施術後は体が軽くなるが、戻ってしまう。

体が軽くなってからこっていたことに気づいた。

施術5回目(2018年6月22日)

疲労感は半分以下になった。

整体を受ける前に比べてどんどん良くなっている。

ホットフラッシュの強い症状は出ていない。

むかつきも出ていない。

今日は全然体が重くない。

暑いと思って目が覚めることはあるが、以前ほど熱くなっていない。

整体を受けだす前は夜も眠りが浅く熟睡していなかった。

ここに来る前は、このまま苦しい状態が続くなら生きている意味がないと思っていた。

施術6回目(2018年6月28日)

疲労感、疲れやすさはあまりなく、健康な状態に大分近い。

体の重さ、睡眠、気持ち悪さは問題ない。

不安感もほとんどない。

胃が痛くなったが、これは今までになかった。

何も感じなくなっていた。

「一か月でここまで治していただいてありがとうございます。」とのこと。(施術間隔が空いているため一か月かかっていますが、毎日のように受けられたら、数日でもかなりの改善が見られたと考えられます。)

施術7回目(2018年7月4日)

ゆううつ感、疲労感、疲れやすさ、睡眠、不安感、むかつきは問題ない。

体の重さは、昨日も雨が降ったが、問題なかった。

胃は痛くならなかった。

考え出すと、どつぼにはまるため、何も考えないようにしている。

これに対して、「病気のせいで、感情が抑えられなくなっていたのではないか?」と問うと、「そうかもしれない。」とのこと。

施術8回目(2018年7月11日)

汗以外の症状は出ていない。

汗も以前のように大量にかかなくなり、それほど気にならなくなった。

二週間前くらい(施術6回目前後)から汗で目が覚めることはなくなった。

施術9回目(2018年7月18日)

汗以外の症状は出ていない。

夜も汗で目が覚めることはない。

施術10回目(2018年7月25日)

汗以外の症状は出ていない。


汗はそれほど気にならないようですので、ここで終了となりました。

ただし、整体的に見た場合は、十分に自然治癒力が回復していると言える状態ではありませんでしたので、もう少し継続された方が良いかと思いましたが、本人の希望で中断となりました。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」で、どうしても、症状が治まれば、治療をやめたくなるのは分かりますが、うつ病は再発しますので、もう少し慎重にされた方が良いかと思います。

患者さんに理解していただきたいのは、患者さんは症状の変化しか見ることはできませんが、整体師は、体の状態から、経験的に、自然治癒力がどれくらい回復しているかの大まかな指標を持っています。

そのため、どのくらい継続した方がいいかは整体師の方が良く理解しています。(もちろん、きちんとした知識や技術のある整体師の場合です。)

自分自身も少し説明が足りなかったかと反省しました。

しかし、数回で回復しましたので、仮に再発したとしても、またすぐに来院していただければ良いのかとも思います。

ただ、症状が軽い方だったとはいえ、一年も苦しめられた症状が、たった数回で回復することができたことは、非常に意義のあることではないでしょうか?

記事が参考になった場合、シェアしてもらうと有り難いです。